タイムズの駐車場経営による土地活用(初期費用ゼロ、運営・管理費ゼロ、安定収入) タイムズの駐車場経営による土地活用(初期費用ゼロ、運営・管理費ゼロ、安定収入)

タイムズパーキングBをなくてはならないサービスへ
(タイムズB推進部 石松 康平)

2020.12.22

予約制駐車場サービス「タイムズパーキングB」を担当する社員をご紹介します。オーナー様にとってもユーザー様にとっても、なくてはならないサービスに進化させることを目指している社員です。

タイムズ24株式会社 石松 康平

2018年6月入社
タイムズ24株式会社 法人営業本部 タイムズB推進部 営業グループ 課長代理
石松 康平

業務内容について

担当エリアの千葉県、北関東・信越エリアを中心に、土地オーナー様に対して、駐車場シェアリングサービス「B(予約制駐車場)」のご提案を行っています。
「タイムズパーキングB」とは、空いている土地やスペースを有効活用したいオーナー様と、確実にクルマをとめたいドライバーをマッチングする、予約できる駐車場サービスです。 オーナー様は、バイク1台分から、空いている時間だけ、費用ゼロで資産活用が可能です。

予約できるタイムズパーキング B

空きスペースの活用をご検討の方

タイムズパーキングBの土地オーナー様にとってのメリットとは

タイムズパーキングBは、変形地や狭小地、駐車場として整備されていない空地であっても、駐車機器を設置することなく、空いている日のみ予約制駐車場として運営することが可能です。そのため、オーナー様の資産活用ニーズに幅広くお応えすることが可能です。
また、最近はモノ・場所・技能などを共有する「シェア」の考え方や消費スタイルが拡大しており、今までは時間貸駐車場としての活用には不向きとされていた場所でも、様々な用途で駐車場シェアリングサービスのニーズが非常に高まっているため、土地活用の可能性が拡がりつつあります。

オーナー様とのコミュニケーションで心がけていること

オーナー様のご要望を正しく理解することを心がけています。
オーナー様からの最初のお問い合わせは、ご自身の所有地で「駐車場経営が可能か」という漠然とした内容が多いですが、詳しくお話を伺うと、実は不正駐車を抑制したい、管理の手間を軽減したい、マンションの来客用駐車場を活用したいなど、様々なお悩み・ご要望があることが分かります。オーナー様のお話を傾聴し、課題を整理し、どうすればそのご要望にお応えできるかを考えるようにしています。

オーナー様とのエピソード

駐車機器の設置が不可能な狭小地や、特定の日にはご家族で使用したいなどの理由から賃貸契約が結べない土地など、活用方法が見つからなかった全ての土地に、タイムズパーキングBを導入頂いた話です。
実際にタイムズパーキングBとして運用を開始すると、学校周辺では学校に通うお子様の部活観戦、駅から離れた工場エリアでは毎日の車通勤、といった利用方法により、当初想定していた以上の土地提供料をお支払いすることができました。
さらに、ご利用者様のアンケートから、「使いやすい駐車場」「便利な場所にある」といった高評価が得られたことをお伝えすると、オーナー様は活用方法が見つからなかった土地で収益を生み出せただけでなく、ご自分の土地が地域の方の役に立ったと大変喜ばれていました。このように、オーナー様に喜んでもらえる提案が出来たことが、私の中での非常に嬉しい記憶として残っています。

これからの目標

まだ新しいサービスであるタイムズパーキングBを、例えば公共交通機関や店舗と連携させるなどして、新たなスキームやサービスをどんどん確立していきたいと考えています。 そのためには、オーナー様との会話やアンケート調査の結果から、さらにタイムズパーキングBのサービスを進化させ、オーナー様にとってもご利用者様にとっても、なくてはならないサービスにすることが私の目標です。

タイムズ24株式会社 石松 康平
【オーナー様限定】タイムズオーナーズクラブ会員様向けの特設サイトをご紹介します。

予約制駐車場サービス「タイムズパーキングB」を担当する社員をご紹介します。オーナー様にとってもユーザー様にとっても、なくてはならないサービスに進化させることを目指している社員です。(タイムズ24株式会社 タイムズB推進部)土地活用として駐車場経営をお考えの際はタイムズ24にお問い合わせください。