16時間 最大1,720円 花火大会やイベント開催日も料金そのまま 熱海の観光スポット近くにある駐車場特集 16時間 最大1,720円 花火大会やイベント開催日も料金そのまま 熱海の観光スポット近くにある駐車場特集

日本屈指の温泉地として有名な熱海は、源泉掛け流しの温泉が堪能できるだけでなく、温暖な気候をいかした南国の植物や花々、海外リゾートの雰囲気を味わえるビーチ、ご当地グルメ、レトロな街並みなど、大人も子供も一緒に楽しめる日本を代表する観光スポットです。

(...続きを見る)

都心からもアクセスしやすい熱海へクルマで行く場合、人気の観光地だからこそ、施設付帯の駐車場や、花火大会・お祭りなどのイベント時、休日などは競争率が高いため、駐車場探しに困ったという経験をされた方も多いのではないでしょうか。

そこで、熱海の観光地近くの駐車場で花火大会やイベント開催時も駐車料金が変わらず、長時間とめても安心な「16時間 最大1,720円」の駐車場とオススメの観光スポットをご紹介します。

事前にお気に入りの観光スポット近くの駐車場を把握し、当日はタイムズ駐車場検索「Parking Information」でリアルタイムの空き状況を確認すれば、駐車場を探す時間が短縮できます。用途や駐車時間に合わせてご利用ください。

※2019年7月18日時点での情報となります。料金、台数等が予告なく変更となる場合がありますので、予めご了承ください。

熱海駅周辺の駐車場を見る 熱海駅周辺の駐車場を見る

駐車料金 掲載駐車場共通

本特集に掲載されている駐車場は、すべて同一料金となります。

※駐車料金は、10円未満が切捨てとなります。料金早見表をご確認ください。

最大料金(繰り返し適用)
通常料金

駐車後16時間
最大料金 1,720

30108

駐車後16時間以降60分108円
※10円未満切り捨て

料金早見表

駐車場一覧 16時間最大1,720円

熱海の観光スポット近くで曜日問わず最大料金がある駐車場をご紹介します。
目的の観光地から駐車場を探したい方は「観光スポット」からお気に入りの駐車場を見つけることも可能です。

  • タイムズ熱海市営東(駐車場)の入り口写真

    タイムズ熱海市営東

    お宮の松や貫一お宮の銅像の最寄りの駐車場です。国道135号「東海岸町」信号を海側に向かった左手側に駐車場入口(第1ゲート)があります。第1ゲートから国道135号を東に向かったところにあるローソン熱海サンビーチ店の横にも駐車場入口(第2ゲート)があります。大型車両は第2ゲートからご入場ください。大型車両の場合は「30分216円/16時間 最大 3,450円」となります。駐車場を出ると、熱海サンビーチが眼前に広がり、海岸の反対側にはジャカランダ遊歩道があります。

    ※大型車10台以上含む

    駐車場詳細/満車・空車情報
  • タイムズ熱海市営和田浜(駐車場)の入り口写真

    タイムズ熱海市営和田浜

    マリンスパあたみの最寄りの駐車場です。国道135号沿いを親水公園からさらに南へ進みます。玉の湯ホテルを越え、国道135号から熱海港への分岐に進むと駐車場入口があります。駐車場を出て南へ進みサンレモ公園を越えると、徒歩約5分で熱海港定期船乗り場に行くことができます。臨港駐車場が満車の場合にオススメの駐車場です。

    駐車場詳細/満車・空車情報
  • タイムズ熱海市営駅前の入り口写真

    タイムズ熱海市営駅前

    JR熱海駅まで徒歩約3分の駐車場です。国道135号「足川」信号をJR熱海駅方面に進み、山六ひもの店 熱海店の手前を右折すると駐車場入口があります。駐車場を出て熱海駅方面に向かうと、たくさんの飲食店や土産物屋が建ち並ぶ、熱海駅前平和通り商店街・熱海仲見世通り商店街に行くことができます。

    駐車場詳細/満車・空車情報
  • タイムズ熱海市営臨港の入り口写真

    タイムズ熱海市営臨港

    マリンスパあたみの近く、熱海港まで徒歩2分の駐車場です。国道135号沿いを親水公園からさらに南へ進みます。玉の湯ホテルを右手にさらに直進。マリンスパあたみを超えてサンレモ公園を左手に突き当たりの信号を左折すると駐車場入口があります。駐車場のすぐ隣に熱海港定期船乗り場があるので、「首都圏から一番近い離島“初島”」に行くのに便利です。

    駐車場詳細/満車・空車情報
  • タイムズ熱海市営来の宮の入り口写真

    タイムズ熱海市営来の宮

    JR来宮駅の目の前にある駐車場です。国道135号からあたみ梅ラインを北へ進み、「福道町」信号を左折、ファミリーマート東海来の宮店を越えて最初の交差点を左折すると、右側に駐車場入口があります。JR来宮駅に向かって右手の方へ道なりに進み、左手側に見えてくる通称「メガネトンネル」を越えると、駐車場から徒歩約7分で來宮神社に行くことができます。

    駐車場詳細/満車・空車情報
  • タイムズ熱海市営第1親水公園の入り口写真

    タイムズ熱海市営
    第1親水公園

    熱海銀座商店街、糸川遊歩道、熱海親水公園近くの駐車場です。国道135号「東海岸町」信号を、東京方面からは左折、名古屋方面からは右折に熱海中央交番の方へ海岸沿いに進むと、料理旅館渚館の左手に駐車場入口があります。駐車場から徒歩約2分のところにある熱海親水公園から望む海にはたくさんの船が停泊しており、まるで海外のリゾート地に来たかのような情緒あふれる景色が楽しめます。

    駐車場詳細/満車・空車情報
  • タイムズ熱海市営第2親水公園(駐車場)の入り口写真

    タイムズ熱海市営
    第2親水公園

    熱海銀座商店街、糸川遊歩道、熱海親水公園近くの駐車場です。国道135号「東海岸町」信号を、東京方面からは左折、名古屋方面からは右折に熱海中央交番の方へ海岸沿いに進みむと、熱海渚橋を超えたところに地下駐車場入口があります。駐車場を出て海沿いに進み初川を渡ると、徒歩約5分で船に乗りながらカモメにエサやり体験ができることで人気の熱海遊覧船「サンレモ」乗り場に着きます。

    駐車場詳細/満車・空車情報
  • タイムズ熱海市営中央町(駐車場)の入り口写真

    タイムズ熱海市営中央町

    熱海市役所の隣の駐車場です。国道135号からあたみ梅ラインを北へ進み、市役所前交差点を右折すると駐車場入口があります。駐車場を出て市役所前交差点を越え直進し、清水橋の手前の道を左折すると、徒歩約2分で熱海芸妓見番歌舞練場に行くことができます。

    駐車場詳細/満車・空車情報
  • タイムズ熱海市営清水町(駐車場)の入り口写真

    タイムズ熱海市営清水町

    熱海銀座商店街、糸川遊歩道の近くの駐車場です。国道135号沿いの業務スーパー熱海店の目の前に駐車場入口があります。駐車場を出て右手側に進むと、徒歩約3分で起雲閣の入口が見えてきます。太宰治や志賀直哉などの文豪も愛した起雲閣には、現在は施設の見学のほかに、喫茶室でお茶を楽しむこともできます。

    駐車場詳細/満車・空車情報
  • タイムズ熱海市営渚町(駐車場)の入り口写真

    タイムズ熱海市営渚町

    熱海銀座商店街の近く、糸川遊歩道の目の前の駐車場です。国道135号から一本入ったなぎさ中通り沿いを、東京方面からは南下、名古屋方面からは北上した先の、柳橋の南側にある寿し忠ビルの向かいに駐車場入口があります。駐車場を出て糸川沿いを左手側に進み、最初の信号を右折して進むと、熱海銀座商店街が見えてきます。インスタ映えで人気の「熱海プリンカフェ2nd」や大正時代創業の老舗「常盤木羊羹店」まで駐車場から徒歩約5分です。

    駐車場詳細/満車・空車情報

熱海の観光スポット

  • SPOT1

    熱海駅

    熱海駅(仲見世商店街、平和通り商店街)

    別府温泉、南紀白浜温泉とともに日本三大温泉と呼ばれる熱海温泉への玄関口である熱海駅。熱海駅前には足湯「家康の湯」があり、天然温泉掛け流しを無料で楽しむことができます。また、熱海駅を降りてすぐの場所に、お土産や名産品、ご当地グルメなど、様々なジャンルのお店が軒を連ねる商店街が2つあります。海側にある仲見世商店街は、メディアでも紹介される飲食店が多く、食べ歩きにオススメです。山側にある平和通り商店街は、名産品や温泉まんじゅうなどの土産物店が多く、温泉地らしい旅情が味わえます。

  • SPOT2

    親水公園

    親水公園(しんすいこうえん)

    熱海サンビーチに隣接する、地中海北部のリゾート地をイメージして整備された公園。南仏コートダジュールをイメージしてレンガを基調として造られたスカイデッキや、恋人達が愛を誓い合うことができるモニュメントがあり「恋人の聖地」として認定されているムーンテラス、北イタリア・サンレモのリヴィエラ海岸をイメージして石を基調として造られたレインボーデッキ、南イタリアのナポリ海岸をイメージして樹木や花が豊富な渚デッキなど、様々な雰囲気を味わえる公園です。熱海の花火大会を見る場所としても人気があります。

  • SPOT3

    初島

    初島・熱海港(はつしま・あたみこう)

    初島は、熱海港から高速船で約30分のところにある小さな島です。島の周囲が約4kmしかなく、1周しても1時間ほどでまわれるため、日帰りできるリゾートとしても人気があります。初島にきたら一度は訪れたい「初島アイランドリゾート」には、南国の植物や花々が生い茂る「アジアンガーデンR-Asia(アールエイジア)」や、海岸線ギリギリに設けられた露天風呂が楽しめる海泉浴「島の湯」、獲れたての新鮮な海鮮丼や島の食が味わえる「島Cafe」などがあります。また、「初島アドベンチャー“SARUTOBI”」の専用ハーネスをつけて木から木を渡るターザン型のアスレチックでは、迫力満点の自然体験ができます。

  • SPOT4

    熱海サンビーチ

    熱海サンビーチ(あたみサンビーチ)

    伊豆の玄関口にある海水浴場で、熱海駅から徒歩約10分の「熱海サンビーチ」。白い砂浜と青いビーチ、街路樹として植えられたヤシの並木通り、海沿いに立ち並ぶホテル群は、海外のリゾート地を思わせます。早朝は水平線からのぼる朝日が海に反射し、キラキラ光る美しい景色が広がり、夜になると、東京タワーや横浜ベイブリッジ、姫路城を手がけた世界的な照明デザイナーの石井幹子さんが手掛けた日本初となる砂浜のライトアップが日没から午後10時まで毎日行われ、サンビーチ周辺が幻想的な雰囲気に包まれます。1952年から続く「熱海海上花火大会」は春夏秋冬の年間を通して10回以上行われ、熱海サンビーチから熱海港の海岸沿いが観覧会場となり、サンビーチからは左右からあがる花火をパノラマで楽しむことができます。

  • SPOT5

    ジャカランダ遊歩道

    ジャカランダ遊歩道(じゃからんだゆうほどう)

    世界三大花木のひとつで、5~6月頃にかけて青紫色の花を咲かせる「ジャカランダ」。「花が頭に落ちるとしあわせが訪れる」といわれています。熱海市の国際姉妹都市であるポルトガル・カスカイス市から贈られた2本から、今では100本以上植栽されています。熱海のサンビーチ前に広がる「お宮緑地」にジャカランダ遊歩道はあり、「熱海梅園の梅」「糸川遊歩道のあたみ桜」に続く、熱海の新たな花の名所となりました。毎年、ジャカランダの開花にあわせて「ATAMIジャカランダフェスティバル」が開催され、期間中は遊歩道のライトアップや、土日限定のフリーマーケットなどを楽しむことができます。

  • SPOT6

    熱海銀座商店街

    熱海銀座商店街(あたみぎんざしょうてんがい)

    昭和のレトロな雰囲気が色濃く残る「熱海銀座商店街」。戦後直後に建てられた長い歴史を持つ老舗の商店も多く、熱海名物である干物専門店や和菓子店はもちろん、最近ではおしゃれなカフェや雑貨店なども軒を連ねます。行列の絶えない熱海駅前のプリン専門店「熱海プリン」の2号店目が「熱海プリンカフェ2nd」として2018年に熱海銀座商店街にオープンし、「みんなで楽しむおふろ」をテーマに、タイル張りの浴槽に腰掛け、風呂桶をテーブル代わりにするなど、まるでお風呂に入っているかのような感覚でプリンを味わうことができます。

  • SPOT7

    來宮神社

    來宮神社(きのみやじんじゃ)

    日本屈指のパワースポットして知られる「來宮神社」は、来福・縁起の神として古くから信仰されています。本殿横には樹齢2,000年と言われる国の天然記念物にも指定された大楠があり、「人に願い事を言わずに幹を回ると願い事が叶う」「幹を1周すると寿命が1年伸びる」といった言い伝えがあり、全国から参拝者が訪れます。また、來宮神社のご利益は祀っている御祭神から「縁結び」「商売繁盛」「酒断ち」と言われています。來宮神社の鳥居をくぐってすぐ右にある樹齢1600年以上の「第二大楠」は、約300年前の落雷で幹の中が空洞にも関わらず青々とした葉を生い茂らせている驚くべき生命力から強いパワーがあると言われています。

  • SPOT8

    熱海芸妓見番歌舞練場

    熱海芸妓見番歌舞練場(あたみげいぎけんばんかぶれんじょう)

    全国でも屈指の芸者の街である熱海ならではの名物・名所と言える「熱海芸妓見番歌舞練場」は、芸者の練習場および劇場です。芸者とは、歌や踊りなどの遊芸を通して宴席などを盛り上げる女性を指しますが、宴会の席でなくとも、毎週土日に開催される「湯めまちをどり華の舞」では普段なかなか見ることのできないプロの踊りを堪能できます。また、平日にはお稽古風景も見ることができます。月ごとに季節や各地の民謡など、演目を変更して何度でも楽しめるよう構成されています。公演後は、芸者たちが客席におりて来場客を見送るため、芸者と記念写真を撮ることもできます。

  • SPOT9

    糸川遊歩道

    糸川遊歩道(いとかわゆうほどう)

    熱海市内中心部を流れる糸川沿いの遊歩道は熱海散策に最適です。糸川沿いに植えられている「あたみ桜」は毎年1月に開花する早咲きの桜として知られ、開花期間が1カ月以上と長いのもあたみ桜の特徴です。「あたみ桜糸川桜まつり」の期間中は、大道芸やバンド演奏、ライトアップなどが実施されます。5~10月には、糸川の御成橋から糸川橋の間に川を覆うように植えられたブーゲンビリアが、赤・マゼンタ・紫など南国情緒を醸し出す色とりどりの花を咲かせます。ブーゲンビリアはジャカランダと同時期に見頃を迎えるため、あたたかい熱海ならではの南国の花を一緒に楽しむことができます。

熱海の観光スポット近くで「30分108円/16時間 最大1,720円」の駐車場をご紹介。花火大会やイベント開催時も駐車料金はそのままでご利用いただけます!施設付帯の駐車場や、花火大会・お祭りなどのイベント時、休日などは競争率が高いため、駐車場探しに困ったという経験をされた方も多いのではないでしょうか。そこで、熱海の観光地近くの駐車場で、花火大会やイベント開催時も駐車料金が変わらず、長時間とめても安心な「16時間 最大1,720円」の駐車場とオススメの観光スポットをご紹介します。日本屈指の温泉地として有名な熱海。別府温泉、南紀白浜温泉とともに日本三大温泉と呼ばれています。熱海温泉の総湧出量(毎分)は約16,600リットル、源泉総数は500以上を誇り、平均温度は約63度と高く、42度以上が約9割を占める高温泉としても知られています。海岸エリアは塩化物温泉、山エリアは硫酸塩温泉の源泉が多く、どちらも肌に優しい弱アルカリ性のため、保温効果にすぐれ、神経痛をはじめ、冷え性などに効果があるとされています。熱海は、源泉掛け流しの温泉が堪能できるだけでなく、温暖な気候をいかした南国の植物や花々、海外リゾートの雰囲気を味わえるビーチ、ご当地グルメ、レトロな街並みなど、大人も子供も一緒に楽しめる日本を代表する観光地です。親水公園や初島・熱海港、熱海サンビーチ、ジャカランダ遊歩道、熱海銀座商店街、來宮神社、糸川遊歩道など、熱海定番の観光スポットもご紹介します。タイムズ駐車場は、クルマがとめられるだけでなく、クルマを借りられる場所にもなるなど、コインパーキングにイノベーションを起こし続けています。