天王寺駅・あべの橋エリアの注目スポット!
周辺お出かけスポットとアクセス情報をご紹介

2019.05.28 Tue
天王寺駅・あべの橋エリアの注目スポット!周辺お出かけスポットとアクセス情報をご紹介

大阪南の玄関口、JR天王寺駅へのアクセス方法や、周辺のお出かけスポットをご紹介します。
JR天王寺駅は、大阪環状線、関西本線、阪和線の3つの路線が乗り入れています。地下鉄御堂筋線や谷町線の天王寺駅にも接続し、近隣の近鉄大阪阿部野橋、阪堺電気軌道とも乗り換え便利な、大阪南部のターミナル駅です。
天王寺・あべの橋周辺エリアは、大阪市内でもキタ、ミナミに次ぐ規模の一大繁華街です。2014年には、日本一の高さを持つ超高層ビル「あべのハルカス」も、阿部野橋駅の真上にオープンしました。天王寺駅の北口を出てすぐ目の前の、天王寺公園のエントランスエリア「てんしば」も注目スポットです。
天王寺駅の周辺は、通天閣や四天王寺などまだまだ見どころがいっぱい!クルマのお出かけや観光に、今回ご紹介するアクセス情報やタイムズ駐車場を、ぜひお役立てください。
※ 2019年5月28日時点での情報となります。

天王寺駅近くのお出かけスポット

天王寺駅周辺のお出かけスポットをご紹介します。 このエリアの主なみどころは、隣接する天王寺公園を中心に、天王寺駅から徒歩約10分圏内に集まっています。 観光は、駅周辺にクルマをとめて徒歩でめぐるのもおすすめです。

  • あべのハルカス

    あべのハルカス

    天王寺駅前にそびえたつあべのハルカスは、日本一の売り場面積を誇る百貨店「あべのハルカス近鉄本店」を中心とした複合商業施設です。 地上12階から14階の3フロアにまたがる日本最大級のグルメレストラン街「あべのハルカスダイニング」をはじめ、カフェやレストラン、美術館、ホテル、オフィスが集まっています。 58階から60階の展望フロア「ハルカス300」は、大阪市内はもちろん、天候次第では六甲山系の山々や瀬戸内海の島々まで一望できる、地上300mのビュースポットです。

  • てんしば(天王寺公園)

    てんしば(天王寺公園)

    天王寺公園のエントランスエリア「てんしば」は、天王寺駅の各線や、近鉄大阪阿部野橋駅から歩いてすぐ。 地下街の「あべちか」とも直結しています。芝生広場を中心に、カフェ、レストランやペットショップなどさまざまなテナントが集まる癒しのスポットです。 てんしばをまっすぐ抜ければ、天王寺動物園のゲートに到着します。大阪市立美術館のある茶臼山エリアは、かつて大坂冬の陣で徳川家康が、夏の陣で真田幸村が本陣を構えた歴史スポット。 四天王寺方面にある茶臼山ゲートにも、エントランスエリアがあります。

  • 新世界

    新世界

    天王寺駅の公園口から徒歩約10分。 天王寺公園のそばに広がる新世界は、下町情緒たっぷりの繁華街です。新世界エリアの中心に立つ通天閣は、いわずと知れた大阪屈指の観光名所。 全高108mのタワー上階は、大阪市街や大阪湾を一望できる展望フロアになっています。 通天閣の足元から動物園前駅まで続くジャンジャン横丁は、なにわのグルメが楽しめるアーケード街です。 「ソース二度漬けお断り」でお馴染みの串カツは、このジャンジャン横丁が本場といわれています。

  • 四天王寺

    四天王寺

    天王寺駅から徒歩約9分。 四天王寺は、今から1400年以上前、聖徳太子が四天王を安置するために創建した寺院です。 約11万平方メートルを誇る境内は、門から北へ一直線に伽藍を並べ、周囲を回廊で囲む四天王寺式伽藍配置と呼ばれる建築様式が特徴です。 中門をくぐると、五重塔、金堂、講堂がならんでいます。境内は、極楽浄土の庭と呼ばれる日本庭園や、500以上の国宝・国指定重要文化財を収蔵する宝物館も見どころです。

クルマで天王寺駅に行く場合

阪神高速からアクセスする場合、環状線方面から天王寺出口を出て約2分。 松原市方面からは、文の里出入口から約6分で到着します。 文の里出入口から天王寺駅までは、府道28号線(あびこ筋)を北上し、突き当りの大きな交差点を左折です。 天王寺駅から徒歩圏内にある、曜日を問わず最大料金のあるタイムズ駐車場をご案内します。
※ 2019年5月28日時点での情報となります。料金、台数等が予告なく変更となる場合がありますので、予めご了承ください。

電車で天王寺駅へ行く場合

JR関西本線・大阪環状線・阪和線、大阪市営地下鉄御堂筋線・谷町線が乗り入れる天王寺駅には、御堂筋線を利用すれば、新大阪駅からは約21分、梅田駅からは約15分と好アクセス。 梅田には阪神電気鉄道、阪急電鉄、大阪市営地下鉄の3つの「梅田駅」があります。 梅田からアクセスする際は駅を間違えないようご注意ください。