世界文化遺産・姫路城の城下町!
JR姫路駅のアクセスとお出かけ情報特集

2018.05.30 Wed
世界文化遺産・姫路城の城下町!JR姫路駅のアクセスとお出かけ情報特集

姫路駅周辺の観光スポットやアクセス情報をご紹介します!山陽本線、播但線、姫新線、山陽新幹線が乗り入れる兵庫の交通の要所・JR姫路駅。約200の総店舗数を誇る駅ビル・ピオレ姫路(piole HIMEJI)など、周辺に大型商業施設が集まる姫路市の中心駅です。日本を代表する名城・姫路城や好古園など周辺の観光スポットにも徒歩約15分圏内と好アクセスの姫路駅は、地元の方も観光客も、連日多くの人々が利用しています。
壁や屋根の白漆喰が美しい「白鷺城」こと姫路城は、建設されて400年もの間、戦火や火災に遭うことなく江戸時代初期のままの姿を残しています。平成5年12月には奈良の法隆寺とともに日本で初めて世界文化遺産に登録されました。敷地内は場内最大のやぐらを備える「菱の門」や、2015年の修理完了まで一般公開されていなかった「りの一渡櫓」など47棟もの重要文化財があります。渡櫓で小天守と連結する、白壁と瓦屋根が美しい五重六階の大天守は国宝に指定されています。
姫路城と併せて訪れたいのが、姫路城大手門から西に約250mの日本庭園・姫路城西御屋敷跡庭園好古園。約1万坪の敷地に造られた趣の異なる9つの庭園でも最大の特徴は、姫路城が景観の一部になるよう計算されつくした借景にあります。天守閣を背景に四季折々の自然が作りあげる姿は美しく、『水戸黄門』や『暴れん坊将軍』などの時代劇・大河ドラマの撮影地としても使用されています。園内にはレストランや茶室もあり、庭園を眺めながらお茶やお食事を楽しむこともできます。入園料は大人300円ですが、一枚で姫路城と好古園の両方に入園できる共通券を購入すると、姫路城の入場料+40円で入園できておトクです。
※2018年5月30日現在での情報となります。

クルマで姫路駅へ行く場合

北に山陽自動車道、南に姫路バイパスが通るJR姫路駅。姫路バイパスから訪れる場合は姫路南ICで下車し、約7分で到着します。山陽自動車道から訪れる場合は山陽姫路東ICを下車し、約24分で到着です。姫路駅まで徒歩約5分以内にある、最大料金がある駐車場をご案内します。 ※2018年5月30日時点での情報となります。料金、台数等が予告なく変更となる場合がありますので、予めご了承ください。

電車で姫路駅へ行く場合

姫路駅まで電車でアクセスする場合、JR三ノ宮駅からは約40分。大阪駅からは1時間5分。どちらも山陽本線の利用、乗り換えなしで到着します。東京駅からは山陽新幹線で新大阪駅で乗り換え、計約3時間で到着です。

姫路駅周辺を レンタカー・ カーシェアリングで 散策

姫路駅周辺をレンタカーやカーシェアリングを活用して、ゆっくり散策してみてはいかがでしょうか。 長時間利用する方にはタイムズのレンタカー「タイムズカーレンタル」、短時間利用なら15分単位で予約が可能なタイムズのカーシェアリング「タイムズカープラス」がおすすめです。インターネットで24時間いつでも予約が可能なので、お出かけのスケジュールに合わせて事前にご予約いただけます。 レンタカーやカーシェアリングで少し足を延ばして、姫路駅の魅力を満喫しましょう!