北海道最大級の繁華街!
すすきの駅周辺のお出かけスポット情報とアクセス特集

2018.05.30 Wed
北海道最大級の繁華街!すすきの駅周辺のお出かけスポット情報とアクセス特集

東京ドーム約3個分の広さに約4,000軒の店がひしめく北海道最大の繁華街・すすきのエリア。そのほぼ中央に位置するすすきの駅のお出かけ情報とアクセス方法をご紹介!札幌市のすすきの駅は、誰もが一度は見たことのある、ニッカウィスキーの看板がある交差点にあります。そんなすすきの駅のランドマーク的な存在が、駅の西側にある複合商業施設「ノルベサ」です。ノルベサの屋上には、北海道唯一の屋上観覧車があり、はるか遠くまで広がるすすきのの街並みを楽しめます。
すすきの駅をご紹介する上で絶対に外せないのが、駅から徒歩約3分の「元祖さっぽろラーメン横丁」です。17軒のラーメン店が並ぶラーメン横丁は“味噌ラーメン発祥の地”で、札幌ラーメンを全国に広めた聖地的な存在として、毎日多くの人手で賑わっています。お酒の“シメ”と言えばラーメンですが、近年は “シメパフェ” も定番になりつつある札幌市。お酒やお食事のあと、地元の牛乳や旬な食材で作られたパフェで“シメる”新しい食文化は、多数のメディアで紹介されるほど。すすきの駅周辺には、深夜12時前後までパフェを提供しているレストラン・パフェ専門店が約20店舗集まります。すすきのに訪れた際は、新たな食文化を楽しんでみるのはいかがでしょうか?
すすきの駅周辺の街は碁盤の目状に広がり、「南●条西▲丁目」などと住所が分かれていますが、土地勘がないとお目当てのお店を探すのも一苦労。そこでおススメなのが、住所ではなく目的地のビル名を覚えることです。地元のタクシー運転手は、住所ではなくビル名と店名をセットで覚えていることがほとんど。タクシー運転手に目的地を告げるときや通行人に道を尋ねるときは、ビル名を伝えるとスムーズに通じます。
すすきの駅周辺では、大通り沿いに展示された氷像を楽しむ「すすきのアイスワールド」が毎年2月上旬に開催。6月上旬には「YOSAKOIソーラン祭り」が、8月上旬には路上に約100軒の屋台が並び、梯子乗りや花魁道中、神輿渡御など、伝統的な催しが披露される「すすきの祭り」など、年間を通して、様々な観光イベントが開催されます。これらのイベント時、すすきの駅周辺は交通規制が入りますので、クルマで訪れる際は駐車場までのアクセスにご注意ください。
※2018年5月30日現在での情報となります。

クルマですすきの駅へ行く場合

新千歳空港・苫小牧方面からすすきの駅へクルマでお越しの場合は、札幌北第一ICから降りて約18分、小樽方面からお越しの場合は、札幌北第二ICから降りて約18分で到着します。すすきの駅まで徒歩圏内にあり、曜日を問わず最大料金のある100台以上の大型駐車場をご案内します。 ※2018年5月30日時点での情報となります。料金、台数等が予告なく変更となる場合がありますので、予めご了承ください。

電車ですすきの駅へ行く場合

すすきの駅までは、JR札幌駅に隣接している札幌市営地下鉄南北線・東豊線さっぽろ駅から南北線に乗り、約10分で到着。すすきの駅には、札幌市内各所を結ぶ路面電車・札幌市電すすきの駅も隣接しています。また、すすきの駅からさっぽろ駅までは、飲食店やお土産店、雑貨など多くのお店が並ぶ札幌駅前地下広場「チ・カ・ホ」が広がり、雨や雪など天候不良時のアクセスに便利です。

すすきの駅周辺を レンタカー・ カーシェアリングで 散策

すすきの駅周辺をレンタカーやカーシェアリングを活用して、ゆっくり散策してみてはいかがでしょうか。 長時間利用する方にはタイムズのレンタカー「タイムズカーレンタル」、短時間利用なら15分単位で予約が可能なタイムズのカーシェアリング「タイムズカープラス」がおすすめです。インターネットで24時間いつでも予約が可能なので、お出かけのスケジュールに合わせて事前にご予約いただけます。 レンタカーやカーシェアリングで少し足を延ばして、すすきの駅の魅力を満喫しましょう!