都心や県内へのアクセス拠点!
JR千葉駅周辺のお出かけスポットとアクセス方法特集

2018.06.27 Wed
都心や県内へのアクセス拠点!JR千葉駅周辺のお出かけスポットとアクセス方法特集

千葉駅周辺のお出かけスポットやアクセス方法をご紹介!JR千葉駅は、千葉県の県庁所在地である千葉市の中心駅。東京駅から銚子駅を結ぶ総武本線と、県内各地を結ぶ外房線・内房線・成田線、千葉市内をめぐる千葉都市モノレールが乗り入れ、京成千葉駅も隣接する、東京都心や千葉県内へのアクセス拠点です。2017年9月には、駅ビル・ぺリエ千葉の2階から7階に107店が新規オープンしました。2018年6月には、1階・地下1階・高架下部分にオープンする店舗もあわせて全277店を有する巨大なショッピングスポットとしての開業が予定されています。
バスターミナルがある東口周辺は、ヨドバシカメラやそごう、JUNNU(ジュンヌ)などの商業施設が集結。駅直結、高さ96.475mのランドマークビル・センシティタワーでは、最上部に当たる22・23階の飲食店で千葉市街や東京湾のパノラマを眺めながらお食事を楽しめます。
駅から北に徒歩約10分。千葉公園はアクティビティやスポーツ、四季折々の自然を楽しめる総合公園です。春になると桜、初夏には大賀ハス、秋には紅葉を楽しめる園内には、体育館や野球場、プール、市内唯一のボート乗り場などの施設があります。
駅から東に徒歩約15分進むと、厄除開運や八方除けにご利益があるとされる千葉神社もあります。北辰(北極星と北斗七星)の御神霊である北辰妙見尊星王(ほくしんみょうけんそんじょうおう)を主祭神としてまつられており、“妙見様(みょうけんさま)”と親しまれ関東各地から参拝に訪れます。
幕張メッセやZOZOマリンスタジアムがある幕張にも、電車で約14分とアクセス良好。千葉市のシンボル・千葉ポートタワーがある千葉ポートパークまでは、千葉駅西口26番乗り場から運行する「千葉みなとループバス」でアクセスが可能です。千葉駅周辺のお買い物や観光にクルマでお出かけするなら、本特集でご紹介するタイムズ駐車場をお役立てください。
※2018年6月27日時点での情報となります。料金、台数等が予告なく変更となる場合がありますので、予めご了承ください。

クルマで千葉駅へ行く場合

周辺には、駅のそばを通る14号線をはじめ、51・126・357号線の4本の国道や、高速道路の京葉道路および東関東自動車道が通る千葉駅。京葉道路穴川ICからは、南へ進み約15分。東関東自動車道湾岸習志野ICからは、国道357・14号線を経由して約20分でアクセスできます。
※2018年6月27日時点での情報となります。料金、台数等が予告なく変更となる場合がありますので、予めご了承ください。

電車で千葉駅へ行く場合

千葉駅へ電車でアクセスする場合、東京駅からはJR総武線快速で約42分、成田国際空港からはJR成田線で約44分です。千葉都市モノレール駅舎の3階には、京成千葉線京成千葉駅への乗換口や、そごう千葉店の4階、センシティタワーの4階への通路があります。

千葉駅周辺をレンタカー・カーシェアリングで散策

千葉駅周辺をレンタカーやカーシェアリングを活用して、ゆっくり散策してみてはいかがでしょうか。
長時間利用する方にはタイムズのレンタカー「タイムズカーレンタル」、短時間利用なら15分単位で予約が可能なタイムズのカーシェアリング「タイムズカープラス」がおすすめです。インターネットで24時間いつでも予約が可能なので、お出かけのスケジュールに合わせて事前にご予約いただけます。
レンタカーやカーシェアリングで少し足を延ばして、千葉駅の魅力を満喫しましょう!