沖縄一の観光ストリート!
国際通りへのアクセス方法や観光情報特集

2018.06.27 Wed
沖縄一の観光ストリート!国際通りへのアクセス方法や観光情報特集

沖縄県那覇市、国際通りのお出かけ情報とアクセス方法をご紹介!那覇空港からクルマで約10分。モノレール県庁前駅からおよそ1.6km続く国際通りは、紅芋タルトやちんすこう、泡盛や琉球ガラス、ユーモラスなTシャツなど、沖縄限定のお土産物選びや、ご当地グルメの食べ歩きが一度に楽しめる人気の観光エリアです。
国際通りの両脇に伸びる個性的なストリートは、見どころが盛りだくさん!なかでも人気の観光スポットが、“那覇市民の台所”牧志公設市場です。場所は、国際通りのほぼ中間地点。沖縄の伝統文化が体験できる那覇市伝統工芸館を併設した「てんぷす那覇」の脇にあるアーケード街「平和通り商店街」や「市場本通り」の入り口から、徒歩約2分で到着します。市場の中に一歩入れば、沖縄料理に欠かせない豚肉をはじめ色鮮やかなお魚、南国フルーツでいっぱいです。市場の新鮮な食材は、持ち帰りだけではなく二階の食堂で料理して食べることも、全国へ直接配送してもらうこともできます。お買い物の際、店員さんに確認してみましょう。
牧志公設市場を囲むアーケード街は、沖縄ローカルグルメが味わえる食堂や、定番の沖縄土産が格安で購入できるお店も充実しています。牧志公設市場からさらに奥、徒歩4分ほど進んでアーケードを抜けると、国際通り周辺エリアを代表するもうひとつの観光スポット「壺屋やちむん通り」へ到着します。沖縄の伝統的な「やちむん(焼物)」の工房が集まる石畳の通りを散策しながら、可愛らしいシーサーや、温かみのある一点物の陶器選びをお楽しみください。
国際通りは毎週日曜日の12:00~18:00まで全面的に歩行者天国となり、ストリートパフォーマンスやオープンカフェなど様々なイベントが催されます。なかでも8月の「一万人のエイサー踊り隊」は、幅18mの通り一面を、沖縄の伝統的な芸能「エイサー」を踊りながら練り歩く人で埋め尽くされる一大イベント。10月の体育を含む土・日・祝の2日目には、ギネス記録を持つ「那覇大綱挽まつり」も行われます。通りを埋め尽くすほどの人々が、掛け声とともに大きな綱を挽く様子は圧巻です!
沖縄の空気や文化を存分に体験できる繁華街・国際通り。クルマで訪れる際は、本特集でご紹介するタイムズ駐車場をぜひご活用ください。
※2018年6月27日時点での情報となります。料金、台数等が予告なく変更となる場合がありますので、予めご了承ください。

クルマで国際通りへ行く場合

那覇空港からは那覇西道路(国道58号線)を経由して約13分、沖縄自動車道那覇ICからは約14分です。毎週日曜12時から18時までは、パレットくもじ前の県庁北口交差点から牧志駅までが歩行者天国(トランジットモール)になりますので、アクセスや出庫の際はご注意ください。
※2018年6月27日時点での情報となります。料金、台数等が予告なく変更となる場合がありますので、予めご了承ください。

電車で国際通りへ行く場合

沖縄県内に走る鉄道は、那覇空港駅から首里駅までを結ぶゆいレール(沖縄都市モノレール線)のみ。国際通りには県庁前駅・美栄橋駅・牧志駅が近接しています。那覇空港から県庁前駅までは約18分、首里城の最寄り駅・首里駅から牧志駅までは約12分です。両駅の中間となる美栄橋駅からは、通りのほぼ真ん中にある市場本通り入り口まで徒歩約6分です。

国際通り周辺をレンタカー・カーシェアリングで散策

国際通り周辺をレンタカーやカーシェアリングを活用して、ゆっくり散策してみてはいかがでしょうか。
長時間利用する方にはタイムズのレンタカー「タイムズカーレンタル」、短時間利用なら15分単位で予約が可能なタイムズのカーシェアリング「タイムズカープラス」がおすすめです。インターネットで24時間いつでも予約が可能なので、お出かけのスケジュールに合わせて事前にご予約いただけます。
レンタカーやカーシェアリングで少し足を延ばして、国際通りの魅力を満喫しましょう!