昭和記念公園もある多摩きっての商業地!
立川市へのアクセス方法とお出かけスポット特集

2018.08.29 Wed
昭和記念公園もある多摩きっての商業地!立川市へのアクセス方法とお出かけスポット特集

東京都多摩地域にある立川市のお出かけスポットやアクセス情報をご紹介!JR東京駅から約40分。東京都のほぼ中心、多摩川左岸の武蔵野台地に広がる立川市。中心駅のJR立川駅は、多摩地域で最多の1日約16万人以上が利用する交通の結節点です。東京駅と名古屋駅を結ぶ中央本線が乗り入れており、特急列車のスーパーあずさやかいじ、成田エクスプレスも停車。立川駅と奥多摩駅を結ぶ青梅線、立川駅と川崎駅を結ぶ南武線も乗り入れ、東大和市と多摩市を結ぶ多摩都市モノレールの立川北駅および立川南駅とも直結しています。
立川駅周辺は、商業施設やオフィスが建ちならぶ多摩地域の中心都市です。駅ビルのエキュートやグランデュオをはじめ、老舗百貨店の伊勢丹やタカシマヤ、ビックカメラやアレアレアなどの商業施設も建ちならび、それぞれ駅を囲むペデストリアンデッキで直結。飲食店やドラッグストア、カラオケ店などもところ狭しと軒を連ね、繁華街を形成しています。
立川駅の北側には、1977年の全面返還まで米軍基地が広がっていました。返還後、跡地には広域防災基地や中学・高校、109点のパブリックアートが設置された業務エリア・ファーレ立川などが建てられています。
昭和天皇在位50年を記念して中央部に造られた国営昭和記念公園は、豊かな自然とレジャーを楽しめる国営公園です。立川市と昭島市にまたがる約180haの園内では、四季折々の花々を楽しめるほか、ドッグラン・ボート乗り場・レジャープールなど様々な施設を楽しめます。夏には約5,000発が打ちあがる伝統行事「立川まつり国営昭和記念公園花火大会」、冬には「立川トライアングルイルミネーション」など、多彩なイベントが開催されるのも魅力です。
ショッピングスポットが充実する立川駅周辺は、連日混雑しやすく駐車が難しいことも。クルマでお出かけする際は、本特集でご紹介する駅まで徒歩約7分のタイムズ駐車場もぜひご活用ください。
※2018年8月29日時点での情報となります。料金、台数等が予告なく変更となる場合がありますので、予めご了承ください。

クルマで立川へ行く場合

立川駅へクルマでアクセスする場合、都内と愛知県を結ぶ中央自動車道の国立府中ICからは北西に約20分、八王子ICからは北東に約25分。埼玉や茨城を経由する首都圏中央連絡自動車道の入間ICからは約45分です。駅の東側には、埼玉県所沢市まで伸びる立川通り(都道16号)が通っています。 ※2018年8月29日時点での情報となります。料金、台数等が予告なく変更となる場合がありますので、予めご了承ください。

電車で立川へ行く場合

中央本線の特急列車も乗り入れている立川駅は、東京駅から約40分、新宿駅から約25分と都心から好アクセスです。名古屋方面のほか、青梅線や南武線で奥多摩・川崎方面からもアクセスできます。奥多摩駅からは青梅線で約1時間15分、川崎駅からは南武線で約45分です。

立川周辺をレンタカー・カーシェアリングで散策

立川周辺をレンタカーやカーシェアリングを活用して、ゆっくり散策してみてはいかがでしょうか。 長時間利用する方にはタイムズのレンタカー「タイムズカーレンタル」、短時間利用なら15分単位で予約が可能なタイムズのカーシェアリング「タイムズカープラス」がおすすめです。インターネットで24時間いつでも予約が可能なので、お出かけのスケジュールに合わせて事前にご予約いただけます。 レンタカーやカーシェアリングで少し足を延ばして、立川の魅力を満喫しましょう!