小田原城まで徒歩圏内!
小田原駅のアクセス方法や周辺観光情報特集

2018.09.26 Wed
小田原城まで徒歩圏内!小田原駅のアクセス方法や周辺観光情報特集

JR小田原駅のアクセス方法や周辺観光情報をご紹介!JR小田原駅は、東海道新幹線の「ひかり」と「こだま」、湘南新宿ラインや上野東京ラインを含めた東海道本線と、小田急電鉄小田原線、伊豆箱根鉄道大雄山線、箱根登山鉄道箱根登山線が乗り入る小田原市の中心駅です。東京駅から小田原駅まで、新幹線で約35分。強羅方面へ向かう箱根湯本駅も、小田急ロマンスカーで約15分。都内から日帰りもできる神奈川県西部の観光アクセス拠点です。
小田原駅東口の地下街ハルネ小田原は、お土産探しに便利なスポット。小田原名物のかまぼこや梅干しから箱根の寄木細工まで一度に購入できます。小田原や周辺観光スポットの見所を案内する観光案内所「小田原日和」も併設しています。
小田原市のシンボル・小田原城は、戦国時代に関東一円を治めていた北条家の居城です。天守を中心に広がる小田原城址公園は、小田原駅の東口から練り物や干物のお店が並ぶ「お堀端通り商店街」を通って、徒歩約10分でアクセスできます。2016年に完了した平成の大改修で天守の館内展示もリニューアルオープン。5階には、武士の守護神の摩利支天像を祀った江戸時代当時の天守最上階が一部再現されました。入場チケットは本丸の券売機や、二の丸広場内に建つ歴史見聞館、本丸への入り口となる常盤木門で販売されています。小田原城址公園の南側には、二宮金治郎像のモデルとなった二宮尊徳をご祭神とする報徳二宮神社もあります。
小田原市の観光は、年間を通じて開催される様々なイベントも見所です。毎年3月下旬から4月上旬の開花シーズンには、小田原城を中心に市内各地で小田原桜まつりが開催されます。毎年5月3日に開かれる小田原北条五代祭りは、小田原市でも最大の観光イベントです。
小田原城址公園には一般駐車場がなく、土・日・祝や観光シーズンは周辺道路も大変混雑します。クルマでお出かけの際は、本特集でご紹介する小田原駅周辺のタイムズ駐車場をご利用ください。
※2018年9月26日時点での情報となります。料金、台数等が予告なく変更となる場合がありますので、予めご了承ください。

クルマで小田原駅へ行く場合

小田原駅までは、東を通る西湘バイパスの小田原IC、東に通る小田原厚木道路の荻窪ICからそれぞれ約10分です。国道135号を利用する場合は、西湘バイパスには乗らず国道1号と国道255号を経由しましょう。東名高速道路の大井松田ICからは約30分でアクセスできます。 ※2018年9月26日時点での情報となります。料金、台数等が予告なく変更となる場合がありますので、予めご了承ください。

電車で小田原駅へ行く場合

東京駅から小田原駅までは、東海道・山陽新幹線で約35分です。東海道本線だと約1時間10分かかりますが、新幹線と比べて約半分の運賃でアクセスできます。新宿駅からは、小田急ロマンスカーで約1時間15分、小田急線で約1時間30分です。中央線や山点線に乗り、品川駅や東京駅で新幹線に乗り換えれば、約1時間でアクセスできます。

小田原駅周辺をレンタカー・カーシェアリングで散策

小田原駅周辺をレンタカーやカーシェアリングを活用して、ゆっくり散策してみてはいかがでしょうか。 長時間利用する方にはタイムズのレンタカー「タイムズカーレンタル」、短時間利用なら15分単位で予約が可能なタイムズのカーシェアリング「タイムズカープラス」がおすすめです。インターネットで24時間いつでも予約が可能なので、お出かけのスケジュールに合わせて事前にご予約いただけます。 レンタカーやカーシェアリングで少し足を延ばして、小田原駅の魅力を満喫しましょう!