福岡シーサイドエリアのランドマーク!
福岡タワーの魅力とアクセス情報特集

2019.06.05 wed
福岡シーサイドエリアのランドマーク!福岡タワーの魅力とアクセス情報特集

福岡を代表するお出かけスポット、福岡タワーの魅力とアクセス方法をご紹介!福岡県福岡市、シーサイドももち海浜公園に面する福岡タワーは、日本一の高さを誇る海浜タワーです。1989年のアジア太平洋博覧会(通称:よかトピア)にあわせて建設されました。約8,000枚ものハーフミラーで覆われた外壁と、夜間に点灯するイルミネーションは、福岡の街のシンボルとして親しまれています。
福岡の街を見下ろす2つの展望フロアは、地上123mの最上階と、116mの3階に分かれています。最上階の展望室スカイビュー123(SKY View123)は、博多湾から福岡天神エリアまで、360度の大パノラマが楽しめる絶景スポットです。平成元年のオープンから30周年を迎えた2019年、オープン以来初となる館内の全面リニューアルで、新たに足元の畜鉱石をプラス。夜景100選に認定された夜の眺望と、神秘的な青い光が重なる幻想的な空間が楽しめます。タワーから見下ろす眺望にあわせて市内の名所や施設を紹介する「福岡タイムプラスパノラマ」と、まるで福岡市内を空中散歩するような体験ができるVR双眼鏡「SKY Walk123歩」も設置され、福岡観光の予習にも最適です。
地上116mにあるスカイプレイ116(SKY Play116)は、恋人の聖地として知られるスポット。カップルで手を繋ぎながら触れると明るく輝くハート型のオブジェも加わりました。頭上からカプセルが落ちてくる、巨大な天空ガチャや、空に向かってピンボールを発射するおみくじピンボールなど、エンタメコーナーも充実しています。お腹が空いたときは、地上120mの4Fスカイラウンジへ。一面ガラス張りの店内は、全てが特等席です。福岡の眺望を楽しみながら、絶品ランチ&ディナーをお楽しみください。エントランス1Fに、辛子明太子や「博多とおりもん」など博多土産が揃った「博多土産処 博多傳や」や、地元食材を使ったレストラン煉瓦倶楽部もあります。
福岡タワーのあるシーサイドももち海浜公園から、福岡市博物館やサザエさん通りも徒歩約10分圏内です。福岡タワーと周辺の観光スポットのお出かけに、本特集でご紹介するタイムズ駐車場をぜひご利用ください。
※2019年6月5日時点での情報となります。料金、台数等が予告なく変更となる場合がありますので、予めご了承ください。

クルマで福岡タワーへ行く場合

福岡タワーの最寄りインターチェンジは、福岡都市高速道路環状線の百道ICです。百道ICまでは、九州自動車道の福岡ICや太宰府ICから約15分。福岡空港近くの空港通りICからは約10分でアクセスできます。百道ICから福岡タワーまでは、出口を藤崎・シーサイドももち方面に進み約2分です。 ※2019年6月5日時点での情報となります。料金、台数等が予告なく変更となる場合がありますので、予めご了承ください。

電車で福岡タワーへ行く場合

福岡タワーの最寄り駅は、福岡市地下鉄空港線の西新駅(にしじんえき)です。駅までは、福岡空港から約20分、博多駅から約15分、天神駅から約10分でアクセスできます。ただし、西新駅から福岡タワーまでは徒歩約22分と離れているため、福岡タワー前に停車するバスの利用もおすすめ。福岡空港から約45分、博多駅(博多バスターミナル)から約35分、天神駅(天神高速バスターミナル)から約20分でアクセスできます。

福岡タワー周辺をレンタカー・カーシェアリングで散策

福岡タワー周辺をレンタカーやカーシェアリングを活用して、ゆっくり散策してみてはいかがでしょうか。 長時間利用する方にはタイムズのレンタカー「タイムズカーレンタル」、短時間利用なら15分単位で予約が可能なタイムズのカーシェアリング「タイムズカーシェア」がおすすめです。インターネットで24時間いつでも予約が可能なので、お出かけのスケジュールに合わせて事前にご予約いただけます。 レンタカーやカーシェアリングで少し足を延ばして、福岡タワーの魅力を満喫しましょう!