保管場所届出(車庫証明)

月極駐車場の基礎知識として、保管場所届出(車庫証明)と、駐車場の形式についてご説明します。

  • 車庫証明(自動車保管場所証明書)(自動車保管場所届出書)とは

    車庫証明とは、自動車を保管する場所がきちんと確保されていることを証明する書類です。自動車を登録する際には、「保管場所法」に基づき、取得が義務付けられています。 車庫証明は、自動車の保管場所のある地域を管轄する警察署で手続きが必要です。(管轄警察署又は警視庁、各県警察のサイトでは、無料にて車庫証明の様式を配布しております。)

  • 車庫証明が必要になるケース

    ■新しく自動車を購入する場合
    ■誰かから自動車を譲り受けた場合
    ■引っ越しをして保管場所が変わった場合等

  • 申請書類

    ■自動車保管場所証明申請書
    ■保管場所標章交付申請書
    ■保管場所の所在図、配置図
    ■保管場所使用権原疎明書(自己所有の車庫の場合)
    ■保管場所使用承諾証明書(車庫を賃貸借している場合)
    ■使用の本拠の位置が確認できるもの
    ※各書類を記入後、管轄警察署の車庫証明の窓口に提出します。
    (印紙代が必要となります:各都道府県によって金額は異なります。)
    ※詳しくは車庫証明を収得する予定(自動車の使用の本拠の位置)の管轄警察署又は警視庁、各道府県警察のサイトでご確認下さい。
    できる限りの内容の更新・見直しを行っておりますが、万一、実際のお手続きと異っていたとしても一切の責任を負いません。
    ご理解・ご協力の上、ご活用くださいますようよろしくお願いいたします。

    • 自動車保管場所証明申請書

      自動車の情報(メーカー名、型式、車体番号、車体のサイズ)と保管場所を記載する書類です。記載方法は、警視庁サイト「1 自動車保管場所証明申請書」の記載例を参考にしてください。

    • 保管場所標章交付申請書

      自動車保管場所申請書と複写になっている書類です。保管場所標章(ステッカー)を受け取るために必要となります。記載方法は、警視庁サイト「2 保管場所標章交付申請書」の記載例を参考にしてください。

    • 保管場所の所在図、配置図

      自宅や事業所から駐車場までの位置関係と、保管場所となる駐車場の大きさや入り口などの配置を記載する書類です。 記載方法は、警視庁サイト「3 保管場所の所在図・配置図」の記載例を参考にしてください。

    • 保管場所使用権原疎明書

      自動車の保管場所が、ご自身の所有する土地である場合に必要な書類です。保管場所として認可される土地には、条件があります。詳細は、警視庁サイト「保管場所(車庫)の要件」を参考にしてください。

    • 保管場所使用承諾証明書

      貸駐車場やマンションの駐車場などを保管場所とする場合に提出する書類です。保管場所として認可される土地の条件は、警視庁サイト「保管場所(車庫)の要件」を参考にしてください。
      なお、タイムズの月極駐車場では、「保管場所(車庫)の要件」だけでなく「車庫証明発行可」の駐車場のみ保管場所として申請できます。「車庫証明取得にあたっての注意点」をご一読の上、対象の駐車場の情報をご確認ください。

    • 使用の本拠の位置が確認できるもの

      自動車の保有者の拠点(自宅や事業所など)の位置が確認できる資料です。詳細は、警視庁サイトを参考にしてください。

  • 交付書類

    車庫証明が受理されると、以下の書類が交付されます。警察署で受け取ってください。
    ■車庫証明書(自動車保管場所証明書)
    ■保管場所標章番号通知書
    ■保管場所標章(ステッカー)

  • 車庫証明取得にあたっての注意点

    ■タイムズの定期利用駐車場をご契約の場合、車庫証明の申請はできません。
    ※詳しくは「定期契約とは何ですか」をご確認ください。
    ※一部例外を除き、月極駐車場は申請可能です。各駐車場詳細ページの「車庫証明発行」欄をご確認ください。
    ■車庫として使用可能な駐車場で「保管場所使用承諾証明書」の発行を申請する際の注意点
    1.タイムズ24から送付するものは次の3点となります。
     ①保管場所使用承諾証明書
     ②駐車場の地図
     ③駐車場のレイアウト図
     ※②③の資料につきましては、申請書類作成用の資料としてのご提供となります。
     ※車庫証明申請時に必要な書類は、車庫証明窓口の指示に従い、ご自身で作成されるなどしてご用意いただく必要がございます。
    2.タイムズ24は車庫証明申請手続きの代行を行っておりません。申請者ご本人か代理の方に行っていただく必要がございます。
    3.保管場所使用承諾証明書の使用期間は契約期間と同じとなります。
    ■申請の手続きは、代理人が行うことも可能です。
    ■使用者の本拠(自宅又は事業所など)の所在地の自治体によっては車庫証明が不要な場合があります。申請の前にご確認ください。
    ■申請の際に概ね2,000円前後の手数料がかかります。さらに、保管場所標章の交付に500円かかります。
    ※手数料はお住いの都道府県によって異なります。事前にご確認ください。