タイムズの駐車場経営による土地活用(初期費用ゼロ、運営・管理費ゼロ、安定収入) タイムズの駐車場経営による土地活用(初期費用ゼロ、運営・管理費ゼロ、安定収入)

駐車場経営のメリット・デメリット

土地活用を検討するにあたり、資産運用の計画・目的に応じて、様々な選択肢があります。
活用方法によっては、比較すべきポイントが大きく異なりますので、土地に適した活用方法を選択することがとても重要です。以下5つのポイントを軸に比較してみましょう。

  • 1収益性

    投資コストに対する売上・利益の高さ

  • 2投資リスク

    初期費用・維持費用による負担コスト

  • 3流動性・転用性

    次の土地活用への転用の容易さ

  • 4安定性

    稼働率・(アパート・マンション経営の場合)入居率低下による空室リスク

  • 5柔軟性

    土地の広さや形状に合わせた土地活用の実現性と、変更の容易さ

...続きを読む
駐車場経営のメリット・デメリット

駐車場経営のメリット

駐車場経営の最大のメリットは、投資リスクの低さと安定した収益性です。
アパート・マンション経営と異なり、初期費用、維持費用等はタイムズ24が全て負担いたしますので、オーナー様のご負担はありません。
※特別な機器の設置、舗装等を行う場合、オーナー様のご負担となります。詳しくはお問い合わせください。
駐車場開設後は、駐車場の稼働状況に関わらず、オーナー様に毎月お約束の賃料をお支払いたします。

汎用性の高い土地活用が可能な点も大きなメリットです。土地の形状にあわせて、駐車場レイアウトを作成しますので、他の土地活用では運用が難しい土地も、駐車場ならば対応できる可能性があります。
さらに、オーナー様の土地を綺麗に保ち、次の資産運用までの有効活用も可能です。
遊休地のままでは、不法投棄やゴミのポイ捨て、雑草等の問題が発生することもありますが、駐車場にすることでタイムズ24が全て対応します。そして次の資産運用までの期間も収益化できます。

メリットまとめ

■収益性、投資リスクの低さについて
・毎月定額の安定した収益を得ることができる
・駐車場の稼働状況(空車リスク)を気にしなくて済む
・初期費用・維持費が発生しない※
※特別な機器の設置、舗装等を行う場合、オーナー様のご負担になります。

■流動性・転用性について
・設備の解体撤去が容易であり、居住権(賃借権)等が発生しないため、転用性や流動性を確保しながら土地活用ができる
・契約期間は最短2年間のため、短期間で有効活用ができる

■柔軟性について
・狭小地や法律上建物が建築できない土地を活かせる
・土地の広さや形状によらず、駐車場経営をはじめやすい
・土地の一部分を解約等、ニーズに合わせた変更がしやすい

■その他
・周辺道路における路上駐車の減少に寄与
・オーナー様の管理業務(集金・機器メンテナンス・トラブル対応)は一切なし
・土地オーナー様自身の駐車スペースも確保可能

駐車場経営のデメリット

駐車場経営のデメリットは、アパート・マンション経営に比べ、収益が低い事です。
また、税制上のメリットも少なく、アパート・マンション経営の場合、相続税、固定資産税、贈与税などの税金上の優遇を受けられますが、駐車場の場合、更地と同様となり、課税上も高い評価額になります。

デメリットまとめ

■収益性
・収益が高くない
・税制上のメリットが少ない

【オーナー様限定】タイムズオーナーズクラブ会員様向けの特設サイトをご紹介します。

駐車場のメリット・デメリットをご紹介いたします。タイムズ駐車場の場合、初期費用ゼロ、ランニングコストゼロ、安定収入等、様々なメリットがあります。オーナー様には、メリットとデメリットをご理解いただいた上で、ご検討いただいております。